NTG's Soulful Tracks


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


07
Category: いろいろ   Tags: ---

ROCK & SNOW 2007冬号 No.38

20071207214457
不帰の滑走が特集されてます。
2峰の滑走ラインも写真付きで載ってます。
ここまで載ってしまうとちょっと。。。
って2峰はまだ滑ったことありませんが。
目標としてる斜面だっただけにちょっと興ざめですが、
下部のラインが見えたのは収穫かな。
唯一滑ったことのある不帰ⅢDルンゼにはまったく触れられず、
記事、滑走ラインともにはCリッジから。
やはりD滑っただけじゃ不帰滑ったことは胸張っていえないのね。。。
まだまだ精進精進ですな、、、、
まずは、、、セルフでDルンゼからか。

関連記事



 

Comments

Editご無沙汰でーす
お久しぶりです。すでに白馬通い始まってるようで羨ましいです。
不帰のトポ。あれは単なるトポでしょう。
クライミングの場合はトポ見たぐらいでは、初見で登り切れればとりあえずはオンサイトしたことになります。
滑降ラインをあんな小さな写真の中で線が引かれていても、そこにすでに先人がいたという事実が明確になるだけで、自分自身の挑戦の本質はそれほど変わらないと思いますよ。
また、NTG君も書いているとおり、時期や様々な気象条件によってぜんぜんコンディション(どころかラインも)変わってくるだろうから、興ざめするほどのことじゃないと思いますよ。
クライミングで言ったら、その年ごとに条件が変わるアイスクライミングの記事(トポ)に似てるように感じました。
昨シーズンからバックカントリーを復活した僕としては、モチを上げるには十分良い記事でしたが、地元じゃいろいろ言われているみたいですね。
どっちにしてもあれに書かれたラインをリピートするには、並大抵ではない技術と経験が必要になってくるということだけは確かでしょう。それを勘違いした人たちが突っ込んでいって事故多発みたいなことにならなきゃいいな、と願っております。
Editご無沙汰しております
D-sukeさん>
ご無沙汰しております。
今年も白馬通いの季節がやってまいりました笑

さて、不帰の記事ですが、うだうだと書きましたが、
私としてもモチベーションアップに十分過ぎるくらいい記事でした。
D-Sukeさんのおっしゃるとおり、自分の挑戦やその意味みたいなものは変わらないですね。
自分の中での気持ちがもやもやしたままブログ投稿でしたので、
うまい言葉が見つかりませんでしたが、
私が言いたいことはD-sukeさんが全部代弁してくださいました!笑
憧れの斜面であることには変わらないので、いつかはチャレンジしてみたいです。
いつかは、、、、

また今シーズンもお会いすると思いますのでそのときは宜しくです!
(まずは22日ですかね?笑)

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。