NTG's Soulful Tracks


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


07
Category:   Tags: ---

2005/8/7 穂高縦走 涸沢-北穂-涸沢岳-穂高岳山荘

二日目。4:30起床。テラスに朝日を見に行く。
外に行くとすでに歩き出す人が。どこまで行くのかな?
5:00朝日が出始め、カールが赤く染まる。なかなかの絶景。
ひとしきり写真を撮ったら朝ごはん。
また朝からなかなかのボリュームだな。しかしペロリとたいあげる。
そして支度をして、荷物をもってテラスへ。
出発予定まで時間があるので、地図を見ながらコーヒーを。
優雅な朝になったけど、今日のルートを見ると等高線は真っ黒。
そして実際に見ると↓
hotaka8
今日登る北穂南稜ルートだいぶ急登。。

だいぶ急だ。。。まぁ今日は睡眠充分だし、問題ないでしょ。
ちょっとのんびりしすぎて10分遅れの6:40涸沢ヒュッテを出発。
テント場の雪渓を渡りいよいよ南稜ルートの急登に取り付く。
途中トリカブトが一面に咲いていた。
花にはまったく興味ないNTGもちょっと感動。
まだまだ元気なこともあり、お花畑の中ではしゃぐ。↓
hotaka9
途中トリカブトが咲いていた。はしゃぐNTG

いよいよ登りも急になり、鎖場、はしごもでてきた。
3点確保でしっかりと着実に通過する。

hotaka10
途中の鎖場を行くトオル

そんな鎖場、はしごをいくつか通りすぎ、ようやく北穂山頂へ。
ここまで3時間。コースタイムとおり。ここで50分の大休止。
天気がよければ大キレット越しに槍の姿が拝めるのだが。。。
登ってるときはあんなに天気が良かったのに。。。一面ガス。
がっかり。とりあえず道標で一枚。
hotaka24
北穂山頂。しかし一面ガス。。

充分過ぎるくらい休憩して10:30出発。
ここから涸沢岳への縦走路。かなり岩岩してるらしい。
しかもすっぱり切れ落ちていてなかなかしびれるらしい。
う~ん。どきどき。

hotaka11
北穂から涸沢岳への縦走路。なかなかしびれる岩場の連続

北穂から涸沢岳経由穂高岳山荘の縦走路はこの縦走のメイン。
メインにふさわしいしびれる岩場の連続だった。
ちょっと間違えば即死だろう断崖を岩、鎖にへばりつきながらいく。
いや~しびれるな。
途中下をみると昨日泊まった涸沢ヒュッテが。
下を見ないようにしていたのに。。。でも昨日は下からみていた場所に
いるんだなぁと思うと。ちょっと感動。

hotaka12
途中昨日泊まった涸沢ヒュッテが

まだまだ続く岩場。
途中写真を撮るも、実は足ががくがく。
だって高度感があって怖いんだもん。しょうがない。

hotaka13
岩場で1枚。余裕かましてるが実は足がくがくのNTG

そんな岩場を行くこと2時間30分ようやく涸沢岳のピークへ。
ここも一面ガス。写真撮る気もおきず。ここで昼飯と思ってたけど、
なんだか雲行もあやしいし、すぐ下に今日のゴールがみえてるので、
そこまで行って飯にすることにした。

hotaka14
涸沢岳ピークから穂高岳山荘が

穂高岳山荘へのくだりの途中、雷鳥発見。
夫婦とその子供たち5匹の計7匹。いろんなとこで雷鳥みたけど、
一度にこんな沢山見るのは初めて。

hotaka15
途中雷鳥の親子が。なんと子供が五羽も

涸沢岳山頂から15分ほどで穂高岳山荘に到着。
受付をすると、今日は1畳に二人とのこと。えーーーーーーーー。
若いおねぇちゃんとならそれも許せるけどトオルと布団1枚。。。
まぁしょうがないか。部屋に荷物を置き、昼飯食おうと外に行くと。
外は雨。またかよ!まぁしょうがない。山の天気は変わりやすいから
とかいいながらとりあえず食堂で席を確保。
今日の昼飯は乾燥野菜入りマルタイラーメン。
この棒ラーメン、なかなかうまい。いや山でくうからかな?
出来上がるまでビールを飲む。今日は生ビールがなく缶ビール。
かんぱーい!うまい!たまらん!
飯も食い終わり、ビールを飲んでると、なんとトオルの会社の人と
ばったり出会う。しかも部屋も一緒。なんでも表銀座を縦走してきたそうで。
そんなもんで、ここからまた宴会の始まり。
晩飯まで350x2、500x1を飲んだ。飲みすぎ?

16時ころようやく雨があがったので、外へ。
雨上がりでもやがかかっているなか、涸沢カールに夕日が
差し込んでいる。かなり幻想的な患児でいいね。
今日も贅沢な景色をみれた。感謝感謝。だれにだ?
まぁいいとして、穂高岳山荘からは常念岳がとてもかっこよく見える。

hotaka16
穂高岳山荘から常念岳をのぞむ

次のターゲットは常念か?とか思いながら写真を撮る。
すると小屋の中から晩飯の放送が。自分たちの番はまだまだっぽい。
でも今日もビール飲みすぎでそんなに腹減ってない。
飯までまだ時間ありそうなのでとりあえず部屋へ。
二人で1畳なので、スペースもない。お隣さんは素泊自炊らしく、
これから外に飯食いにいくって出て行ったので、ゆっくり横にならせてもらう。おとなりのカップル(夫婦?)ありがとう。

横になったら寝てしまった。今日は緊張の連続だったから
思った以上に疲労しているらしい。気持ちよくなってきたくらいで
晩飯の晩が回ってきた。4回目だった。やっぱり込んでるんだな。
飯も食い終わり寝ようとしてると、ロビーになにやら人が集まりだしてきた。
行ってみると穂高岳山荘物語なるビデオが上映され始めた。
小屋を空ける4月の映像や、この小屋の創設者の物語など
興味深い内容だった。
上映がおわると、睡魔が襲ってきた。今日も寝ますか。
寝れるかな?なんせ1畳に2人で身動きもできないモンで。
20:30就寝するも、あまりの息苦しさに23:00におきてしまった。
おきてしまったものはしょうがない。外で一服しようと思い。
外へ。今日は満天の星空じゃなかったな。でもちょっと星が見えた。
1時間くらい外でボーっとしてたらやっと眠くなったので
また就寝。しかし今度は3:00に起きてしまう。そしてまた外へ。
トオルとトオルの知り合いも外へ出てくる。
玄関がなんだか騒がしいと思ったらテラスでこけて流血した人が
小屋のスタッフに介護されていた。大変だな小屋の人も。
外はガスも晴れて星が見え始めてきた。昨日ほどではないが、
なかなかの星空。途中流れ星かと思い目で追うと、流れて、止まって、
流れて、止まって、ふらふらながれて、を繰り返す星?を発見。
NTGだけでなく、トオルの知り合いもバッチリ目撃。UFO?UFOだよね?
ということになり、初の未知との遭遇に感動する。

30分くらい外で星をみて、ご来光まで寝ようということになり、
一服して寝ることに。いやいやUFO見ちゃったよ。
今日も長い一日だった。

関連記事



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。