NTG's Soulful Tracks


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


15
Category: いろいろ   Tags: ---

八甲田のこと

自分が雪崩にまかれそうになった直後なんで凄いリアルに感じました。
あの日押出沢で一緒だったみなさんも同じようにかんじたのではないでしょうか?

で今回のガイドさんの発言「まさか上から来るとは思わなかった。。。。」について。
事故直後で頭パニック状態だったかもしれませんが、では雪崩はどこからくるの?
たしかに自分の足元や、自分より下方斜面が雪崩れることも多いですが、
普通は雪崩は上から来るもんではないでしょうか。
下から上には物理的に無理ですもんね笑

「斜面に木があったから雪崩は無いと判断した」これもどうかと思う。
たしかに木がある斜面は比較的安全とは言われているし、
自分達も木のあるところをつなげてハイクしたり、樹林で休憩したりという行動を取っている。
でもいくら木があったとしても雪があって傾斜があればどこでも雪崩れる。
いつもお世話になっている信頼のおけるガイドのTAKIさんも以前からそう言っている。
まさにそのとおりで、土曜の押出沢滑走時、尾根上の樹林のにできたクラックから雪崩れているし、問題のでかい雪崩ははるか上からやってきた。
木があったってその木の上から雪崩れれば木もろとも流されます。
雪崩には巨大なパワーがあり、今回の事故でもも人が飛ばされたという証言もある位です。
そのため雪崩地形には木がないから、木があるところは雪崩れないという判断なんだろうが、
その判断は少々安易過ぎるのでは。
周りの地形や気象など複雑な要因が絡むので、樹林帯が安全とは必ずしも言えないと思う。
あくまで「比較的」という風に考えるのが普通。

八甲田では、ガイド会社によるツアーや、宿の主人によるツアーも頻繁に行われていると聞く。
その中には、ビーコン、ゾンデ、ショベルの携行を必須としないツアーもあるらしい。
それらを持っていれば雪崩にあっても確実に助かるというわけではないし、
ビーコンについては練習も必要だが、リスクは確実に減らせる。
この事故を機にそのようなガイドツアーは考え直すべきなのではないでしょうか。

亡くなった方には謹んでご冥福をお祈りする共に、
怪我をされた方々の一日も早い回復を願います。
関連記事



 

Comments

Edit
この内容、超むかつくわ

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。