NTG's Soulful Tracks


03
Category: 2006-2007シーズン   Tags: ---

2007/2/3 八方BC

今日はJIMさん、DAIさん、KAIUNさんと八方BCに。
JIMさん達は初八方BCでNTGが案内役。
狙いは2361から無名-ガラガラの黄金ルーティン。
風の状況次第で便所小屋から押出-ガラガラと言う事に決めて第五を出発。


二股にTKPをデポしチャベスで名木山の駐車場に。
激込みのリフトを乗り継ぎ八方池山荘に到着。
八方BCは今日も大盛況。
山にあがる人たちで行列ができていました。
少々出遅れているので急いで仕度をして出発(そんなに急いでもなかったが笑)

happobc1
八方池山荘前 JIMさんの手がでかくて大爆笑

happobc2
え~天気


ハイク開始して30分ほどで便所小屋到着。
2361方面を見上げると。。。人人人。。。そして雪煙が舞っている。
便所小屋付近もだんだん風が強くなってきた。
これから登ってもギタギタ確実だし、風も強め(八方にしては弱い方だが)なんで、
あっさりと便所ドロップに変更笑
便所小屋付近でゆるりと準備して行動食喰って休憩。

休んでいると明らかに???なスノーボード3人組が登ってきた。
僕らに近づいてきて「どこが滑れるんですかね?」と訳分らん質問を浴びせられる。
そして八方の「ゲレンデマップ」を取り出し、「こっち行けば北尾根コースに出れるでしょ。」
とうだうだと話している。
3人の装備はザックはそれぞれ持っているが明らかにビーコンとかはもってなさそう。
一人はスノーシューはいてるが、その他はつぼ足。全員ストックなし。
こりゃやばいと思い、「北面、南面どちら降りてもゲレンデには出れないですよ」と一言。
このままゲレンデ戻るといっていたが、さてさてどうなったことやら。。。

happobc3
今日も不帰がお出迎え

happobc4
便所小屋付近は風の影響でうねうねカリカリ


そうこうしてるうちに風もだいぶ出てきたのでさっさと行きますかと押出沢にドロップ。
八方特有の締りパウダーでスピード出る出る!
先行パーティーのトラックがあったがまだまだノートラックのところもあり最高な一本。
GINIUS、FISH、OMEN、PONTOONそれぞれがうなりをあげてあっという間に一本目終了。
JIMさん、DAIさん、KAIUNさん皆良い笑顔だった。
NTGプレゼンツだっただけにとりあえず一本でも楽しんでもらえてよかった。

happobc5
一本目押出沢を下から


で次はガラガラ沢にドロップすべく、ガラガラ沢寄りの尾根を登り返し。
この尾根が雪激深!そして結構急登。
最初はJIMさんが先頭行ってたが、シューで腰上まで埋まる始末。
NTGがPONTOONで先頭いっても膝下ラッセルとほんと激深。
早くガラガラにドロップしたいので気合でラッセルして、30分ほどで尾根最上部に登返し完了。
沢の中は風もなく暑かった。
でガラガラを見ると、こちらもトラック一杯だった。
けど巨大な沢なんでまだまだノートラックな場所は沢山で問題なし。

沢を挟んで対岸の尾根方向を見るとこれからドロップという感じの人が一杯。
そしてプチAKやらプチジャクソンと呼ばれているスティープな面から次々とドロップ。
皆さんほぼちょっかり。すげー!
そのみなさんはてつさん、よしかげくん、ARAI U-KIさんなどなどUmaFilmチームでした。
なるほどあの滑りもなっとくです。

で僕らもタイミングをみてガラガラドロップ。
こちらもスピードでる締りパウダーで最高でした。
下からは有名な方々、対岸の尾根からTAKIさん達ブルークリフツアーの人々が見てるので、
撃沈なんてできないしチキンな滑りはできんということで気合を入れてドロップ笑
まぁなんとかスピードにのって上手いこと滑れたかな?
その後、KAIUNさん、DAIさん、JIMさんの順でドロップし、本日のメインディッシュ終了。
押出沢もガラガラ沢も最高に気持ちよい雪でした。


happobc6
2本目ガラガラ沢を下から

happobc7
ガラガラ沢でどでかいです


その後はちょっと滑り、川沿いののりめんをトラバースし、渡渉して安全地帯に到着。

happobc8
最後は渡渉

ここでかるく休憩して、さて後は林道をかっ飛ばしてTKPまでというときに、
なにやらJIMさんが「オレは大変なことをしてしまった。。。」と言っている。
なにかと思ったら、TKPの鍵をチャベスに置いてきてしまったらしい!笑
車デポした意味ないじゃ~ん!笑
さてどうするか。。。
TKPの中に予備鍵はあるらしいのでJAFを呼ぶか、タクシーで戻るか、歩くか。。。
とりあえず二股について考えることに。
二股についたら、UmaFilmチームの方々も続々と到着してきた。
皆さん白馬でも良く合うし、知らないというわけではないので、
ショージ君に事情を話してチャベスのところまで送ってもらうことに。
いや~助かりました!ショージ君ありがとうです。

でチャベスで二股に戻り無事TKPの鍵を届けて、本日の山滑り終了。
みみずくの湯に浸かってリフレッシュ。
そして夜の宴会に突入しました。
関連記事



 

Comments

Edit
いやー最高の日でしたねー!プチAk。。。楽しいですな~
Edit
みやじさんどうもです。
ほんと最高でしたね。
あの八方独特のしまった走るパウダーはやめられませんな。
Editひろ
「バックカントリー」が一般用語になり、
装備を持たずに山に入る人がこれから益々増えるのだろうね。

それにしてもオラもJIMさんと同じことやりかけた。
 八方ゲレンデ内で気づいたので取りに戻ったけど・・・・

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom