NTG's Soulful Tracks


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


19
Category: クライミング   Tags: ---

20050919 小川山クライミング

小川山クライミング2日目。

美女に挟まれ身動き取れなかったがぐっすり眠れ6時起床。
今日も良い天気だ~。

朝起きて一人ぼーっとタバコを吸っていると、わらわらと美女二人がおきてくる。
どうもN子さんを蹴飛ばしたらしく朝から一喝喰らう。ごめんなさい。。

7時くらいになると皆さんおきてくる。
前日ちょっと飲みすぎたらしくNTGとHさんはちょっと二日酔い気味。。
GWの松川でのBBQでも同じように飲みすぎ、次の日の八方BCがえらくきつかった。。
反省したのだが。。。やはり酒を目の前にすると止められない。GWのときよりは全然ましだが。。

朝食で朝からパン4枚も食べてしまった。。。ちょっと苦しい。
でも卵、ポテトサラダ、ソーセージと豪華な朝食。ご馳走様でした。

今日はクライミングはNTGとHさんの二人。
N子さんは帰宅、SさんはエリコさんとMTBで大弛峠にツーリング。
MTBもいいなぁ。来シーズンはゲットしてMTB始めたいな。

9時過ぎにキャンプ場を出発。
今日は屋根岩にいき「セレクション」というマルチピッチにトライ。

ogawayama9
今日の岩場を下から見上げる

この頂上まで登るらしい。。。おいおい大丈夫か~。
しかも最初にクラックを登るというちょっとした核心があるらしい。
がんばってねと言い残しリードの滝本さんはナチュプロをうちながらがつがつ登っていってしまった。
取り残されたNTGとHさん。。。大丈夫か~とか言ってるうちに滝本さんからGoがかかる。
まぁなんだかんだ言っててもしょうがないので意を決して魂を込めてNTGがスタート。

最初の核心5mくらいのクラックに差し掛かる。
レイバックもどき、ハンドジャムもどきを使いながら何とかクリア。
途中セットされたナチュプロ、ヌンチャクを回収しながら登る。
NTGが滝本さんのところに到着後、セルフビレイをとり、Hさんがスタート。
Hさんも難なくクラックエリアをクリア。すごすぎるよ~Hさん。昨日デビューしたばかりなのに~。

そして2ピッチ目。
ここからはちょっとした足場にセルフビレイで完全にぶるさがりながら、
リードの滝本さんをビレイする。地面ははるか下。キ○タマが縮みあがるとはまさにこのこと。
なんせ自分を確保しているのは壁に打ち込まれたプロテクションにつながった一本のロープのみなんだから。
これが切れたりしたら。。。なんて考えるとさらにキ○タマ縮みあがる。。
暫くするとビレイ解除の声が。ビレイを解除し今度はHさんから登る。
この2ピッチ目がまた怖かった。足がかり、手がかりが殆どないスラブをスメアリングと
ちょっとした穴に指を引っ掛けながら登っていく。
これが地面から即なら何のことはないんだけど、すでに地上30mくらいまで来ている。それだけで怖い。。

そして3ピッチ目。NTGがセカンド
チムニーを背中と足でつっぱり、背中側につっぱった足と突っ張った腕でずりずりと少しずつ登っていく。
これがまた面白い。背中と足でつっぱると両手を離しても大丈夫なくらい動かなくなる。
ここもなんなくクリアする。

そして4ピッチ目。Hさんがセカンド
ちょっと難しいかんじだ。最初ひっかかりの悪い手がかりに加え足がかりも殆どない。
Hさんちょっと苦戦し、ワンテン入る。
ホールドを観察し何とかクリア。ちょっとびびりNTGもスタート。
NTGはHさんの動きを見ていたのでなんとかクリアできる。
最初の核心を越えると今度はちょっとでかいクラックに突入。
ここもさっきのチムニーみたいな感じでなんとか背中と足で突っ張りクリア。
ここまでで相当高いところまできている。
60mロープを半分にし、滝本さんとNTGとHさんがつながっている。
それで4ピッチなんですでに120mくらいは登ってきている。周りを見渡すと、
小川山周辺が一望だ。すごいいい眺め。カメラを持っていかなかったのがちょっと悔やまれる。
でも登っているときは怖くて下を見れない。。。

そしてラストの5ピッチ目。NTGがセカンド。
ここはなんてことなく、最初のちょっとしたところを越えると手を離して歩けるくらいの感じ。
ようやく上りきりゴールだ。
一足お先に屋根岩3峰のピークを踏む。しかし疲れた~。
ピークで大の字になる。すぐにHさん滝本さんも到着し、絶叫しながら握手。
すごい充実感である。
5ピッチ、ロープスケール150mのルートを2時間くらいで登りきった。
魂を込めすぎたのと、ものすごい達成感にちょっと放心状態のNTG。
ビールを持ってきてここで乾杯したかったなぁなんて思いながら、水を飲む。

そしてHさんと記念に写真を撮ってもらった。
詳細はこちら

滝本さん、Hさんありがと~。

靴を履き替え歩いて下る。
途中ちょっと大き目の石をおとしてしまった。「らーく!」と叫び、滝本さんも
「らーく!」と叫ぶ。ちょっとびびったが何事もなかったようだ。ごめんなさい。。

下山後ちょっと昼休憩。
朝あれだけ食ったのにすでに腹ペコのNTG。。パンをかじりつく。

そして午後は分岐岩にてボルダリング。
しかし午前中のセレクションでの達成感ですでに魂が抜かれたような感じのNTG。
Hさんは指がひりひりするらしい。NTGは親指が痛い。
そんな感じですでにまったりモード。
2課題トライし、1課題だけ成功し、すでにおなかいっぱいなので、キャンプ場に戻る事に。
駐車場につき、今日のルートを振り返る。
よくあんなとこ登ったな~なんて話しながらブログねたに1枚。
これが今日のぼった屋根岩3峰。

ogawayama7

赤線が今日のぼったルート

キャンプ場に到着。
MTBチームはまだ戻ってきていない。
とりあえず残っていたビールで3人で乾杯。今日のルートのことやあれこれと話しながらの旨酒。最高!

そんないい気分に浸っているとNTGの携帯が突然なる。この着信音は。。。。。
案の定会社から。。トラブルらしい。。。あれこれ電話で指示を出していると携帯のバッテリーが。。
Hさんがシガーライター充電器を持っていてくれたおかげで何とか電話で指示を出し切り解決。でもあしたが怖いな~。

MTBチームも到着しさて帰りますかってなる。
滝本さんたちは明日も小川山でクライミングだが、街に飲みにいくとのこと。
そのまえに野辺山にある「バックカントリーカフェ」なるところに行くとのこと。
バックカントリーカフェ。。。う~ん熱い名前だ。当然Sさんとともにお供させていただく。
ウッディーな感じで感じの良いお店だ。
なんでこの熱い名前なのか。。。聞いたと思ったけど忘れちゃいました。。
ここでハンバーガーとアイスコーヒーを頼む。手作り感満点でしかもボリューム満点。
たくましい肉が挟まっていてしかも旨い。
1時間くらいいろんな話をし、帰宅の途に。

帰りSさんととともに中央に乗ると小仏トンネルから先30kmの渋滞の文字が。
NTGは手前で降りて下道なので問題ないが、Sさんはまさに渋滞コースを行かなければならない。
途中SAによりどうする?と聞くとNTGと同じ一宮御坂で降りて下道で帰るとのこと。
ちょっとSAでしゃべってさよならした。
道は長いけどがんばって!Sさん。

今回の小川山はほんとに充実しました。
皆さんありがとうございました。

関連記事



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。