NTG's Soulful Tracks


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


25
Category: 2007-2008シーズン   Tags: ---

2008/04/20 立山

ブルクリ立山ツアー二日目です。

20080420_001.jpg

今日は予報通り朝からピーカンです。
朝5時起床、6時飯、7時出発という予定でがっちり行きます。

みくりの裏から奥大日がきれいに見えます。
迫力ありますねぇ。

20080420_002.jpg

飯食ったら出発です。
毎度毎度お世話になりました。

20080420_003.jpg

まずは富山側へ下山する人が荷物をデポするために室堂ターミナルに寄ります。
まだ下界から観光客が上がってくる前でターミナル付近も静かです。
雄山がでっかく聳えています。

20080420_004.jpg

こちらは浄土山。

20080420_005.jpg

全員そろったら出発しましょう。
本日の最初の目的地雄山ピークへ行くためにまずは一の越を目指します。

20080420_006.jpg


でっかい雄山に見守られながらハイクします。
気持ちいい!

20080420_007.jpg

浄土山のふもとをトラバース気味に巻いていきます。
朝早いこともあってカッチカチです。
斜度も結構あって緊張します。
シールはまだ良かったですが、スノーシューはかなり大変だったでしょう、、、、
途中からトップを任されていたんですが、
ついついシューのことを考えずシールで快適なラインを行ってしまいました。
シューでハイクしていた皆さんごめんなさい。
まだまだそういうところが不慣れですね。
毎回勉強です。

でトラバースが終わって一の越が見えてきたところで軽く小休止。
まだ朝早いし身体が起ききっていないのでハイクもしんどいですねぇ。

20080420_008.jpg

そこからは直登でガシガシと高度を上げていきます。
程なく一の越到着です。
一の越山荘はまだ雪に埋もれていました。

20080420_009.jpg

ここで大休止しながら雄山アタックの準備。
準備していると3日前から立山入りしているOYMさん達にお会いしました。
去年の富士山ツアー以来1年ぶりの再会でした。
OYMさんは月曜日までトータル5日間立山にいるとのこと。
なんともうらやましいかぎりですねぇ。

ここからは板を背負ってアイゼンでいきます。

20080420_010.jpg

振りかえると室堂平をバックに奥大日がでんと聳えています。
日本海は雲海の下になってて見えませんでしたが、雲海に浮かんだ景色もまたいいです。

20080420_011.jpg

今年はルートにフィックスロープがいたるところに張ってありました。
張り方が微妙でしたが、、、
誰がが張ったものなんですかねぇ。

20080420_012.jpg

だいぶ登ってきました。

20080420_013.jpg

三の越で一度休憩してからよろよろっと登ってピーク到着です。

20080420_014.jpg

ピークにつく頃には下はガスにまかれていました。
一の越も、三の越すらも見えないくらいでしたが、山頂はばっちり抜けています。
でも風も強くて寒い!

20080420_015.jpg

滑走準備をしながら全員が到着するのを待ちます。
待ってる間山頂の祠からドロップするテレマーカーも。
山頂にいる人みんなの視線を受けながら滑るというなんともやりづらい状況ですが、
見事にテレマークターンを決めてました。

20080420_017.jpg

で全員到着して記念撮影。
ご協力ありがとうございました。

20080420_016.jpg

当初の予定ではピークから御山谷へ滑り込んで鬼岳に登り返しという予定でしたが、
あまりにもガスが濃かったので計画変更。
ピークからサルマタカールへ滑り込むことに。

さぁドロップしましょう。
まずはSHIBAガイドが様子見で行きます。
様子見といいながらしっかり祠からドロップしていきました。
祠直下はかなりの急斜面なんですが、しっかり板を下にむけてました。
男ですねぇ。
かっちょよかったです。

20080420_018.jpg

ゲストさんは社務所前からカールにドロップする組と、
風景盤のある場所から一段下のコルに下ってカールにドロップする組と2つに分けて滑走します。

まずは社務所前からドロップチームが行きます。
張り切って参りましょう!

20080420_019.jpg

20080420_020.jpg

20080420_021.jpg

20080420_022.jpg

20080420_023.jpg


コルからドロップ組みはスタート係をしていた私の位置からは写真撮れませんでした。
私もコルからドロップ下のですが、社務所前からよりも面つる斜面で快適ザラメ!
ロケーションは社務所前からのが岩岩していてかっちょよいですが、
でっかい斜面にでっかいターンを気持ちよく刻めました。

こちらがカール底からとった写真。
中央の岩の左側を滑りました。
気持ちよくて久しぶりに声でちゃいました笑

20080420_024.jpg

このあたりはドコもかっこいい斜面ばかりです。
こちらの斜面もよさそうですねぇ。

20080420_025.jpg

ちょうどピークからの滑走を終えた辺りからピーク方向にガスがかかってきました。
ナイスタイミングでした。

20080420_026.jpg

カールの底でしばし休憩したらさらに御前谷を下ります。
標高2550mの登り返し地点までメローで快適な斜面を滑ります。

20080420_027.jpg

標高2550mで通常たんぼ平への登り返しよりもだいぶ上で鉄塔尾根に登り返します。
最後まで立山を満喫する作戦です。
鉄塔尾根だとたんぼ平まではそんなに滑れませんからねぇ。
ということで急登をよろよろと登り返し。

20080420_028.jpg

尾根に乗り上げるとたんぼ平から黒部ダム、ロープウェーまで丸見えでございます。

20080420_029.jpg

でここからたんぼ平へ滑り込む予定でしたが、、、、
PONちゃんがスキーカットした所、でろでろとかなり大きい雪崩発生。
もう落ちきっているだろうと考えていましたが、予想外にザラメが深く、まだ落ちきる前でした。

20080420_030.jpg

ということでここから滑り込むルートは中止。
エスケープルートで下ることに。
せっかく登り返しましたが、もう一度御前谷まで滑り降りて、
たんぼ平へ登り返す一般的なルートで鉄塔尾根に行くことに。
さらに標高を200mほど落とした場所から坪で尾根に登り揚げます。
ずるずる雪の急斜面で板をアンカーにして攀じっていきます。

20080420_031.jpg

尾根に乗り上げたら鉄塔へ向けてトラバース開始です。
この尾根は枝尾根や小さい沢をいくつも抱えていて意外と複雑なのね。
その沢を横切るように急斜面をトラバースしていきます。

20080420_032.jpg

足元からはデロデロ雪崩がバンバン、、、汗
途中クラックやら穴やらトラップ満載なので慎重にトラバースして行きます。

20080420_033.jpg

ようやくたんぼ平から見える鉄塔付近まできました。
スノーボードはこういうときつらいですねぇ。

ロープウェーの大観望駅も見えました。

20080420_034.jpg

たんぼ平は巨大雪崩があちこちから落ちてきていました。

20080420_035.jpg

怖いですねぇ。

20080420_036.jpg

ここからたんぼ平へも雪は不安定で、ちょっと面つるの場所を滑ると足元から全て雪崩れます。
という事でご安全に雪崩た跡を滑ってたんぼ平へ下ります。

20080420_037.jpg

ここまで来ると気温も上がってきて暑いです。
青空具合はまさに春まっさかりといった感じです。

20080420_038.jpg

雪崩の走路で雪面は荒れているけど、気温が高くかなり緩んでるので結構滑れます。
まぁ脚はかなり疲れますが、、、、、
ADD(汗だらだら)になりながらAPP(脚パンパン)ですわ笑

20080420_039.jpg
20080420_040.jpg

20080420_041.jpg

20080420_042.jpg

20080420_043.jpg

20080420_044.jpg

20080420_045.jpg

20080420_046.jpg


皆さんすでにヘロヘロな感じですが、無事たんぼ平へ滑り降りました。

20080420_047.jpg

全員無事合流。
ゲストさんが滑走中に落としたGPS(map60cs!)も
最終滑走のPONちゃんが無事発見するという軌跡も!
皆さんヘロヘロになりながらも満足げないい笑顔をしております。

20080420_048.jpg


最後は黒部平駅までわらわらと。
メローで快適ザラメなデザートでツアーの締めくくり。

20080420_049.jpg

たんぼ平をふりかえる。
お疲れ様でした!

20080420_050.jpg

黒部平駅で富山側へ下山する皆さんとお別れ。
私は今日で下山なので扇沢へ下山する皆さんとともに下山。

扇沢で、龍王&たんぼ平の日帰り弾丸山行をしていたよっしー&よしのさんと合流。
薬師の湯で汗を流して、まったり話して帰りました。

やっぱり立山はスケールがでかいです。
でっかい山はやっぱりいいですね。
いろいろ反省すべき点、課題等もみつかりましたが、いい山行をすることができました。
PONちゃん、SHIBAさん、ゲストの皆さんありがとうございました。

いや~たのしゅうございました。
関連記事



 

Comments

Edit
NTGさん
どーもです。立山ツアー無事に終え、ありがとうございました。
僕は初立山だったんですが、凄い体験ができ、めちゃくちゃ楽しい2DAYSとなり、大満足でした。
シーズン終了まであとわずかですが、楽しんでいきましょう。
また、ツアーで一緒の際はよろしくお願いします。
では
Edit
YMDさん>
返信おそくなり申し訳ございません。
二日目は最高の滑走ができて最高でしたね。
またご一緒した際にはよろしくです。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。