NTG's Soulful Tracks


In 08 2005

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20
Category: いろいろ   Tags: ---

同窓会

今日は中学時代の同窓会。
自分が一番昔と変わってないと意気込んで
行ったけど、分からんよ!とだれもが突っ込みを。。
なんでも眉毛が薄くなったみたい。
確かに中学時代はぼーぼーだったけども。。
でも久しぶりに皆に会えて、酒飲んで、馬鹿騒ぎして。
やっぱ地元の友達はいいね。

同窓会

スポンサーサイト


08
Category:   Tags: ---

2005/8/8 穂高縦走 穂高岳山荘-前穂-奥穂-岳沢-上高地

穂高縦走3日目。今日下山する。
下界は暑いんだろうな~。帰りたくないな~。でも風呂入りたい。

朝ご来光を拝むため4:30起床。
日の出は5:00くらいなので、部屋片付けたり
着替えたり、荷物まとめたりとなんだかんだすごす。
そしていざテラスへ。
みなご来光を求めてわらわらとテラスに集まっている。
テラスに出ようと玄関へ行くも、サンダルが品切れ。
仕方なく自分の靴を取りに部屋の前の下駄箱へ。
ここでトラブル発生。NTG父の靴がないーーーー。
似たような靴が残っていたので間違われたか?
とりあえず小屋のスタッフに言うと、ご来光見に行って帰ってくる
人かも知れないので、しばらく様子を見てくださいとのこと。
そんな悠長な。。最悪代替靴を出しますんでとまた一言。
まぁ小屋のスタッフに切れても仕方ないし、靴に名札をつけてなかった
NTG父の落ち度でもあるので、とりあえずご来光を拝みに。
小屋では自分の靴にしるしをつけるの忘れないようにしなきゃね。
いい勉強になりました。

だんだと空が赤く染まり始めてきた。
すごい色だなぁ。写真だけ見ると朝焼けだか夕焼けだか分からん位の
すばらしいオレンジ色。
う~ん。魂にひびくなぁ。自然と涙。。。は出なかったが
すばらしい景色を拝ませてくれた大自然にしごく感動。

hotaka17
テラスから前穂

hotaka18
テラスから常念岳

ご来光も終わり、さぁ朝飯だ!なんだか朝からすばらしいものを
見て感動したので、おなかが減った。(なんだそりゃ)
ひとまず部屋へ帰る。NTG父の靴が帰ってきているかと下駄箱を
のぞくと。。。。ありました。。。。ご来光見に行ったパーティーの
誰かが間違えたんだな。。。しかし気づかないもんかね?
仮にも登山では一番重要なアイテムなのに。。
まぁ帰ってきたからよかったね。今日は重太郎新道のきつい下りが
待っているので、代替靴じゃねぇ。なんか嫌だろうな。
小屋のスタッフに靴発見の報告を入れ朝飯に。
なんと食卓には朴葉味噌が!旅館でよくある一人なべを温める
バーナーにのってふつふつといい感じにあったまっている。
まさか山小屋でここまでのものが出るとは^^
朝からご飯3杯食べちゃいました。げふ。。

さぁ出発しますか。
と出発前に山荘の看板前で一枚。
今日は昨日であったNTG父の知り合いと一緒に奥穂、前穂経由で
岳沢を下り上高地へ行く。

6:10穂高岳山荘出発。いきなりの急登でちょっとへこむなぁ。
しかもなんか嫌な感じの鎖場も。まだ体もあったまってないのに
こんなとこのぼるのぉ~と文句を言うも急がにゃならん。
なぜかというと今日の昼飯は岳沢ヒュッテで限定20食の
本格インドカレーを喰らおうという計画なのである。
食べれるかなぁ?食べれるといいねぇと話しながら奥穂山頂へ
向けて歩く歩く。
天気も青空満天でいい感じ。今日は槍が拝めるはずだぁ!とか
言いながらふと振り返ると。。。。
槍だぁ~~~~~~。実はNTG登山歴が浅いのと、天気に恵まれず、
槍をしっかり拝んだことないのです。。。
なんで初槍です。う~ん感動!!ようやく会えたねぇ、槍よ。
そのトンガリ具合魂こもってるね。

hotaka19
奥穂山頂への途中振り返ると槍が!!

感動しながらまたまたインドカレーに向けて歩く歩く。
穂高岳山荘から35分で奥穂山頂へ到着。
山頂は祠があるところと、山の案内板があるところどっちなんだろう?
みなそれぞれ独自の意見を展開しているけど、真相は結局分からずじまいでした。
知っている方いたらコメントよろしくです。m(__)m

そして祠の直下のところから槍がすばらしい感じで
拝めるスポットを発見。なんとすばらしい。
とりあえず初遭遇の槍とツーショットで1枚。
hotaka20
槍とNTGのツーショット

そして年賀状用にNTG父とスリーショット
hotaka21
NTG、NTG父、槍のスリーショット

そして槍を見ながらしばし一服。
槍と反対を向けばジャンダルムが黒々と聳え立っている。
ジャンダルムもかっこいい山だなぁ。魂込めて歩かないと
返り討ちにあいそうな怖そうなところだなぁ。名前からしてなんかこわいしね。。
なんて思いにふけながらのこういうところでの一服は格別!
たばこやめようかな?と思うんだけど、いつも山頂の一服を思い出し。。踏ん切りがつかんのよねぇ。
ちょっとゆっくり景色を眺めすぎてしまったので7:30あわてて
いそいそとインドカレーに向けて出発。

ここから前穂の肩のきみこ平までつり尾根なるところを歩く。
ガイドブックでは要注意となっていたけど???たいしたことない。
昨日の北穂-涸沢岳の縦走路のがよっぽど危ないよ。。

そうこうしている間にきみこ平に到着。前穂登る?とNTG父。。。
おいおい登らないのかよ!と突っ込みを入れるも、インドカレーvs前穂。。。。。。。。
熟考した結果、インドカレーの勝利。へたれだねぇ。。
まぁ前穂ピークは次の機会にとっておこう。とかってに納得。
きみこ平でしばし休憩。
上高地の向こうに焼岳が赤々と鎮座している。ここも登ってみたいなぁ。
冬もいいコースがあるって聞いてるし、秋くらいに偵察がてらのぼりにくるかねぇ。
hotaka22
きみこ平から焼岳

さてさてインドカレーまであと3時間。。3時間!?!?
そんなに下るのかよ!ふとももプルプルフェア開催されちゃうよぉ。
さぁがんばりますかと9:00きみこ平出発。急な重太郎新道を下る。
しかしこの道を切り開いた重太郎さんもすごいね。どのくらいかかったのかしら?
そういえば昨夜穂高岳山荘でみたビデオでそんな話もしてたな。
よく覚えてない。。。反省

hotaka23
重太郎新道途中からきみこ平を見上げる

きみこ平から下ること40分くらい、したからガスがもうもうと上がってきた。
ふとガスが上がってくる沢を覗き込むと???オレ??なんと
頭上から照らす太陽がガスに影を映して、その周りにまん丸の虹を
掛けている。????ブロッケン????Jrじゃないよ。
なんとブロッケン現象が起こっていた。すごい。当然なんだけど、
オレの動きをトレースしてる。はしゃいでいろいろ動き回った。
最後はHGばりにふぉ~と決めてみた。感動である。

しかしこの重太郎新道えらくきつい。ふとももプルプルフェアがほんとに開催中だよ。
下りになるとひざが痛むNTG。今回はバイオテックスをはいてきた。
これがなかなかひざにいい。でも太ももは。。。プルプルフェアが開催されてしまった。
でもほんとにひざにはよさそう。半信半疑だったけど効果ありだな。
今度NTG父にも買ってあげよう。

インドカレーに向けて下る下る。植生が変わってきたなぁと思ってたら
岳沢ヒュッテが見えてきた。もう少しだーーーーーーー。インドカレーーーーーーー!
とさらに歩き、10:45岳沢ヒュッテに到着。ん???はやくねぇ?
3時間もかかんないじゃん!だれだよ3時間なんか言ったのは。。。
まぁいいやと真っ先にインドカレーと生ビールを注文。
なんとか間に合った。NTG一行が注文した段階であとのころ5食でした。
とりあえず下界に下りてきたってことで生ビールでかんぱーーい!
うーんうまい。最高!
そうこうしてるとインドカレーが運ばれてきた。
おぉぉぉうまそう!いただきまーーーーーす。そういえば山小屋2泊
したけどカレーを一度も食べなかったな。
念願のインドカレーを口に。うまい!。本格的だ!。
でも辛ぇーーー。カレー、ビール、ビール、カレーとあっという間に完食。
いやーうまかった。ここから上高地まで1時間ちょっと。
ゆっくり休憩して行こうということになり、お湯を沸かしコーヒーを。
しかし下界は暑い。日差しがじりじりする。

暑くなってきたのでそろそろ出発。
12:00に岳沢ヒュッテを出発。ここからは。。。。退屈な林道歩き。
黙々と歩く歩く歩く歩く。歩き出して1時間10分。
なんかがやがやしてきたなぁなんて感じてたら、上高地の木道に到着。着いたぞーーーーーーーー。
ここから涼しげな観光客の間を汗臭い男3人でかいザックをしょって
がつがつ歩き、13:30上高地ビジターセンターに到着。
のど乾いたのでとりあえずビールとおもったけど、これから運転だし。。
CCレモンの500を一気のみした。NTG父とNTG父友達はソフトクリームを喰らってる。一口もらうがなかなかうまい。

さて帰るかとバスの行列をみてアゼン。。どんだけ並んでるんだよ。
ありえないので即効タクシー乗り場に。
さくっとタクシーにのれて一路沢渡駐車場へ。
タクシーのうんちゃんに温泉を紹介してもらう。
沢渡の第一駐車場のすぐしたのご飯やさんのなかにある温泉。
なかなかいい感じだった。
3日ぶりの風呂は気持ちよかった~。風呂上りにビールと行きたかったが。。。。
運転があるので断念。

風呂も入りさっぱりしたところで一路家路へ。
もちろん松本のカモシカスポーツに寄る。
駐車場につくとなんか見覚えのある車が1台。んん?
ナンバーを確認。。。浜松ナンバー。。。おぉぉぉぉなんとN子さんが。
店内に入るといました。やはりクライミングシューズコーナーに。
このあと11日にブルークリフさんのとこのクライミングに参加って言ってたしな。
NTGも参加なのだが。
とりあえずNTGもクライミングシューズを買いにきたので、乱入して店員さんにいろいろと聞く。
狙ってたやつはいたんだけど、どうにも痛すぎる。
いろいろ試して、スポルティーバのミウラーに決定。
N子さんは片っ端からためし履きしているみたいで、シューズコーナーが
すごいことになってた^^;
N子さんにさよならし、一路家路へ。
渋滞にはまることもなく20:30に帰宅。地元は大雨だった。

いやいやつかれたなぁ
でも15日まで夏休みだ。。NTG父は明日から仕事。
悪いけどゆっくり寝かせてもらいますか。



07
Category:   Tags: ---

2005/8/7 穂高縦走 涸沢-北穂-涸沢岳-穂高岳山荘

二日目。4:30起床。テラスに朝日を見に行く。
外に行くとすでに歩き出す人が。どこまで行くのかな?
5:00朝日が出始め、カールが赤く染まる。なかなかの絶景。
ひとしきり写真を撮ったら朝ごはん。
また朝からなかなかのボリュームだな。しかしペロリとたいあげる。
そして支度をして、荷物をもってテラスへ。
出発予定まで時間があるので、地図を見ながらコーヒーを。
優雅な朝になったけど、今日のルートを見ると等高線は真っ黒。
そして実際に見ると↓
hotaka8
今日登る北穂南稜ルートだいぶ急登。。

だいぶ急だ。。。まぁ今日は睡眠充分だし、問題ないでしょ。
ちょっとのんびりしすぎて10分遅れの6:40涸沢ヒュッテを出発。
テント場の雪渓を渡りいよいよ南稜ルートの急登に取り付く。
途中トリカブトが一面に咲いていた。
花にはまったく興味ないNTGもちょっと感動。
まだまだ元気なこともあり、お花畑の中ではしゃぐ。↓
hotaka9
途中トリカブトが咲いていた。はしゃぐNTG

いよいよ登りも急になり、鎖場、はしごもでてきた。
3点確保でしっかりと着実に通過する。

hotaka10
途中の鎖場を行くトオル

そんな鎖場、はしごをいくつか通りすぎ、ようやく北穂山頂へ。
ここまで3時間。コースタイムとおり。ここで50分の大休止。
天気がよければ大キレット越しに槍の姿が拝めるのだが。。。
登ってるときはあんなに天気が良かったのに。。。一面ガス。
がっかり。とりあえず道標で一枚。
hotaka24
北穂山頂。しかし一面ガス。。

充分過ぎるくらい休憩して10:30出発。
ここから涸沢岳への縦走路。かなり岩岩してるらしい。
しかもすっぱり切れ落ちていてなかなかしびれるらしい。
う~ん。どきどき。

hotaka11
北穂から涸沢岳への縦走路。なかなかしびれる岩場の連続

北穂から涸沢岳経由穂高岳山荘の縦走路はこの縦走のメイン。
メインにふさわしいしびれる岩場の連続だった。
ちょっと間違えば即死だろう断崖を岩、鎖にへばりつきながらいく。
いや~しびれるな。
途中下をみると昨日泊まった涸沢ヒュッテが。
下を見ないようにしていたのに。。。でも昨日は下からみていた場所に
いるんだなぁと思うと。ちょっと感動。

hotaka12
途中昨日泊まった涸沢ヒュッテが

まだまだ続く岩場。
途中写真を撮るも、実は足ががくがく。
だって高度感があって怖いんだもん。しょうがない。

hotaka13
岩場で1枚。余裕かましてるが実は足がくがくのNTG

そんな岩場を行くこと2時間30分ようやく涸沢岳のピークへ。
ここも一面ガス。写真撮る気もおきず。ここで昼飯と思ってたけど、
なんだか雲行もあやしいし、すぐ下に今日のゴールがみえてるので、
そこまで行って飯にすることにした。

hotaka14
涸沢岳ピークから穂高岳山荘が

穂高岳山荘へのくだりの途中、雷鳥発見。
夫婦とその子供たち5匹の計7匹。いろんなとこで雷鳥みたけど、
一度にこんな沢山見るのは初めて。

hotaka15
途中雷鳥の親子が。なんと子供が五羽も

涸沢岳山頂から15分ほどで穂高岳山荘に到着。
受付をすると、今日は1畳に二人とのこと。えーーーーーーーー。
若いおねぇちゃんとならそれも許せるけどトオルと布団1枚。。。
まぁしょうがないか。部屋に荷物を置き、昼飯食おうと外に行くと。
外は雨。またかよ!まぁしょうがない。山の天気は変わりやすいから
とかいいながらとりあえず食堂で席を確保。
今日の昼飯は乾燥野菜入りマルタイラーメン。
この棒ラーメン、なかなかうまい。いや山でくうからかな?
出来上がるまでビールを飲む。今日は生ビールがなく缶ビール。
かんぱーい!うまい!たまらん!
飯も食い終わり、ビールを飲んでると、なんとトオルの会社の人と
ばったり出会う。しかも部屋も一緒。なんでも表銀座を縦走してきたそうで。
そんなもんで、ここからまた宴会の始まり。
晩飯まで350x2、500x1を飲んだ。飲みすぎ?

16時ころようやく雨があがったので、外へ。
雨上がりでもやがかかっているなか、涸沢カールに夕日が
差し込んでいる。かなり幻想的な患児でいいね。
今日も贅沢な景色をみれた。感謝感謝。だれにだ?
まぁいいとして、穂高岳山荘からは常念岳がとてもかっこよく見える。

hotaka16
穂高岳山荘から常念岳をのぞむ

次のターゲットは常念か?とか思いながら写真を撮る。
すると小屋の中から晩飯の放送が。自分たちの番はまだまだっぽい。
でも今日もビール飲みすぎでそんなに腹減ってない。
飯までまだ時間ありそうなのでとりあえず部屋へ。
二人で1畳なので、スペースもない。お隣さんは素泊自炊らしく、
これから外に飯食いにいくって出て行ったので、ゆっくり横にならせてもらう。おとなりのカップル(夫婦?)ありがとう。

横になったら寝てしまった。今日は緊張の連続だったから
思った以上に疲労しているらしい。気持ちよくなってきたくらいで
晩飯の晩が回ってきた。4回目だった。やっぱり込んでるんだな。
飯も食い終わり寝ようとしてると、ロビーになにやら人が集まりだしてきた。
行ってみると穂高岳山荘物語なるビデオが上映され始めた。
小屋を空ける4月の映像や、この小屋の創設者の物語など
興味深い内容だった。
上映がおわると、睡魔が襲ってきた。今日も寝ますか。
寝れるかな?なんせ1畳に2人で身動きもできないモンで。
20:30就寝するも、あまりの息苦しさに23:00におきてしまった。
おきてしまったものはしょうがない。外で一服しようと思い。
外へ。今日は満天の星空じゃなかったな。でもちょっと星が見えた。
1時間くらい外でボーっとしてたらやっと眠くなったので
また就寝。しかし今度は3:00に起きてしまう。そしてまた外へ。
トオルとトオルの知り合いも外へ出てくる。
玄関がなんだか騒がしいと思ったらテラスでこけて流血した人が
小屋のスタッフに介護されていた。大変だな小屋の人も。
外はガスも晴れて星が見え始めてきた。昨日ほどではないが、
なかなかの星空。途中流れ星かと思い目で追うと、流れて、止まって、
流れて、止まって、ふらふらながれて、を繰り返す星?を発見。
NTGだけでなく、トオルの知り合いもバッチリ目撃。UFO?UFOだよね?
ということになり、初の未知との遭遇に感動する。

30分くらい外で星をみて、ご来光まで寝ようということになり、
一服して寝ることに。いやいやUFO見ちゃったよ。
今日も長い一日だった。


06
Category:   Tags: ---

2005/8/6 穂高縦走 上高地-涸沢

今日から山小屋2泊でトオル(NTG父)穂高縦走に出発。
深夜1:40自宅発。なかなかいいペースで
高速飛ばせたし、松本ICからも松電バスにもつかまらず、
ストレスなく沢渡駐車場に5:10着。
準備して出発。バスで行こうとバス停へむかったら
夫婦登山のお二人がタクシー乗り場に。声をかけ相乗りし、
一路上高地へ。そういえば新釜トンネルは初めてだな。
20分ほどで上高地ビジターセンターに到着。

hotaka1
上高地ビジターセンター

すでに登山する人手なかなかの賑わい。登山届けをだし、
パッキングしなおし、一服して6:15出発。これから横尾まで3時間
ひたすら林道歩きだ。しかしなかなか涼しくて歩くには丁度いいな。
しかし眠い。でもあるかにゃ距離は稼げんてことで、黙々と歩く。
45分で明神に到着。さらにもくもくと歩く。
そしてさらに45分で徳沢に到着。ここで一服。

hotaka2
徳沢で

徳沢もなかなかの賑わい。しかしなぜみなザックをベンチに置いて
地べたに座るんだろ。そんなにザックが大切か?
そんなこんな考えながら軽くエネルギー補給。
今回の山行で乾燥マンゴーを試しに持ってきた。これが相当いい。
激甘なので甘いもの苦手な人にはちょっときついかもしれんが。。
エネルギーも補給し出発。ここから横尾まで4km。
またまた退屈な林道歩き。もくもくと歩く。さらに歩く。歩く。。
ちょっとストイックなくらいに黙々と歩いて、徳沢から45分で横尾に到着。
のぼりがないのでなかなかいいペースである。

hotaka3
横尾

時間も9時近くなってきてだいぶ気温も上がってきた。
汗を考えここで手ぬぐい購入。帽子だけでは汗は止まらないので、
帽子の下に巻く。薄くてなかなか良い。やはり手ぬぐいはいいね。
時間もまだはやいのでここで大休止。1時間も休んでしまった。。
9時50分横尾を出発。やっと山道っぽくなってくるが、まだまだ平坦な道だ。途中屏風岩がドスーンて感じで聳え立っている。うーんすごい。
しかもあんなところを登る人もいるのだというから。。。

hotaka4
屏風岩
NTGもフリークライミングを始めたばかりだが、あんなところを
ゆくゆくは登ってみたいね。。。登ってみたいか???

そんなこんなしてる間に1時間で本谷橋に到着。
hotaka5
本谷橋を渡るNTG

ちょっと早いけど腹減ってきたのでここで昼飯。
乾燥野菜たっぷりの味噌汁でおにぎりを食べる。
今回乾燥野菜は初挑戦なんだけど、なかなか使えるね。
またまたここで1時間の大休止。まぁ今日は涸沢までなんでゆっくりね。

11:45本谷橋出発。ゆっくり行ってもあと2時間くらいで涸沢に到着するでしょう。
結構おなかいっぱい食べちゃって大後悔。腹が思い。。。
しかもここから道もやっと登山ぽくなっちゃってさ。。。
30分くらいたってようやく落ち着いてくる。さぁがんばりますか。
涸沢ヒュッテの生ビールまであとすこしだ!

暫く歩くと右手に沢が流れてる。そしてふと見上げると
涸沢カールが見え始めてきた。そしてヒュッテの吹流しが!!
もう少しだーーーー!とがんばって行こうとするが、あまりの暑さに
川で顔洗ったり水を頭からかぶったりした。水つめたっ!
一気に復活し歩き始める。そして30分。到着ーーーーーーーー!
ビール!ビール!ビール!と騒いで試たけど、先に宿の受付して
荷物を部屋に持っていき、ウェットティッシュで顔、体を拭き、
着替え、コンタクトはずし、布団を引いて場所を確保。
今日は2畳に3人らしい。涸沢にしてはすいているほう?

しかしもう限界。トオルを急がせてテラスへGO!
ワクワクしながら外へ出ると。。。。。雨が。。。。
しかしめげずに屋根つきの席を詰めてもらい、かんぱーい!
いや~たまらん。この瞬間を待っていた(笑)ほろ酔い気分で
飲んでいると、隣にいた人たちが雨具を着だした。聞いてみると
これからザイテングラード登って穂高岳山荘まで行くとのこと。
この雨のなか。。時間は14:30。。。だいじょうぶかな?
お気をつけて~と送り出す。きっともう行動終わってるやつらは
気楽でいいよな!とか思ってたんだろうな。。ごめんなさいね。

そうこうしてる間に雨もやんできたので、テラスへ移動。
このとき右手にはすでに3杯目のジョッキが握られて。。。
しかし贅沢な時間だなぁ。昼からビールのんで、雄大な景色を見て。
やっぱり山はいいね。
とそんなこと思いながらチョコチョコ写真を撮る。

hotaka6
涸沢のテント場。今年は雪が多いらしい

hotaka7
ヒュッテから穂高岳山荘方面

そうこうしてる間に夕飯の時間。なかなか豪勢な夕飯だな。
ビールをたらふく飲んだのであまり腹は減ってないと思いきや
ペロリとたいあげる。
そして外で一服し部屋へ。やることもないので19:30就寝。
しかし23:30ころあまりの暑さにおきてしまう。
ついでだからトイレ行って外で一服と思い外へ。
するとなんと満天の星空が!すげぇーーー天の川だーーー。
NTGが住むところもなかなかの田舎で星はきれいなんだけど、
それも比べ物にならない星空が。あわてて戻りトオルをおこし
しばし外で星空見物。しかし外は寒い。靴下はいてくればよかった。
時間も1:00くらいになりさすがに眠くなってきたので
そろそろ寝るかということになり一服して就寝。

今日は長い1日だったな。
明日はいよいよ本格的なのぼりだ。



1
2
3
4
5
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。