NTG's Soulful Tracks


"読書" posts

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10
Category: 読書   Tags: ---

怒らない技術

こんな本読んでみた

けっこういらちなもんでね、、、

う~ん、どうでしょう

なるほど使える部分はあるなぁ

というのが感想

でもすべては受け入れられない

次に読む方に検証してもらおう

01_20100909.jpg

スポンサーサイト


13
Category: 読書   Tags: ---

もしドラ

100113_01.jpg


話題?の本

以前「マネジメント」エッセンシャル版を読もうとして

あえなく挫折

これは読みやすかった

てか小説だからね

最後は不覚にも泣かされてしまうし(笑)

小説の中に「マネジメント」の肝のような部分が都度でてくる

かなり噛み砕いてわかりやすい言葉で説明していて

全部読むと「マネジメント」がどんなものか超おおざっぱにはつかめる(か?)

やっぱり本家を読まないと駄目ね

噛み砕いている分、誤って受け取ってる部分が少なからずあるだろうし

気合をいれて挫折して埃をかぶってるエッセンシャル版を読んでみるか


03
Category: 読書   Tags: ---

孤高の人

CA380128.jpg


漫画なので読書カテゴリにするのもどうかと思いますが、、、
新田次郎の孤高の人を原案にして、
現代版にしたような感じの物語。
孤高の人を原案にしているのはなんとなく分かる。
まだ1巻しか読んでないのでなんともいえませんが、
なかなか面白いかも。


08
Category: 読書   Tags: ---

メスナー様

大興奮です。

20080208225554.jpg


09
Category: 読書   Tags: ---

ミッドナイトイーグル

midnight.jpg


高嶋哲夫著

ご存知ミッドナイトイーグル。
映画化されましたね。
映画は見てませんが。
本を読む限り面白そうですね。
書き方がうまいのか、
最後まで飽きることなく読めました。
映画も見てみようかな。


20
Category: 読書   Tags: ---

高熱隋道

kounetu.jpg

吉村 昭著

これまた再読。
今年の秋、この本の舞台の黒部下の廊下~欅平を歩いた。
その感動を呼び起こしながら再読。
ほんと、実際行ってみると物凄い自然に圧倒されました。
岩盤温度が最大166℃にもなるトンネル掘削、泡雪崩で宿舎が吹っ飛ばされるなどなど。。
人智のおよばない深い自然のなか、よくこれだけの工事を遂行したな。
何度読んでもこの本は面白い。
一気に読み上げられる一冊です。


19
Category: 読書   Tags: ---

氷壁

hyouheki.jpg
井上 靖著

前穂東壁でのザイル切断事件を中心に
主人公のこころの葛藤が淡々と描かれている。
NHKでドラマ化もされましたね。
再読ですが、最初に読んだときよりも面白く感じた。
舞台ともなっている上高地の徳沢はいつもスルーなので、
こんどゆっくりキャンプでもしてみたいな。


29
Category: 読書   Tags: ---

遭難者を救助せよ! 富山県警山岳警備隊 極限の任務に立ち向かう男たち

sounannshawokyuujoseyo


細井 勝 著

後立山稜線で滑落するなら是非富山側へ笑
それは冗談として、、、、汗
一つの命を救うため自らを危険にさらし、
過酷な訓練に耐え、人命救助にあたる男たちの物語。
男たちの救助にかける思いやこころの葛藤が淡々とかかれています。
読んでいて涙がながれます。
すげーぜ富山県警山岳警備隊!
でも、、、
お世話にならないよう気をつけなきゃですね。


03
Category: 読書   Tags: ---

芦峅寺ものがたり

立山・劔好きにはたまりません。
大興奮の1冊です。

asikuraji


25
Category: 読書   Tags: ---

新編・単独行

「不死鳥の加藤」の異名をとった稀代の登山家 加藤文太郎。
新田次郎の「孤高の人」でのイメージがあまりにも強かったが実は。。。
コレをよんでもう一度「孤高の人」を読み直してみようと思いました。
気になる人は読んでみよう。

buntarou



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。